釜山市とSMが両想い?
ホテル施設も含めた巨大なSMTOWNが釜山にできることになるのか、注目を集めている。

00


SME、韓流複合施設を釜山に打診。
[韓国=KNN

国内最大エンターテイメント会社であるSMが釜山進出を打診しています。

釜山広安里一帯に韓流文化を体験することができる複合文化空間と、大型ホテルの建設を推進して

います。
昨年12月にソウルCOEXにオープンした「SMTOWNコエックスアーティウム」は、SMが運営しています。
特にK-POPホログラムミュージカル公演会場は連日売り切れが続いています。
この勢いに乗って、SM側が優れた立地を備えた釜山進出を打診しています。


韓流体験施設と結合された大型ホテルで、美容·健康関連施設などを計画しています。

総事業費1500億ウォン。全体の規模は、20階前後だとされています。

その敷地は事業者不渡りで長期間放置されており、今は釜山市が所有しています。

SMは、中国の旅行業界と連携したホテル事業に積極的なものと伝えられました。

ソ・ビョンス釜山市長は、今年2月にSMタウンを直接視察したうえでエンターテイメント事業に積極的で、どのような成果につながるか注目されます。